Now Loading...
close

ART COMES FIRST

THE MAKING OF PUNK TAILORING

NEXT

PREV

The Making of Punk Tailoring

photo

Art Comes First The Making of Punk Tailoring パンク・テーラーの作り方

ファッションのみならず書籍や音楽、そしてアートなど幅広いジャンルを巻き込んだムーブメントを築き上げつつある< Art Comes First >のサムとシャカ。テーラリング界では群を抜いて厳しいと称されるサヴィルロウが敷き詰めた法則を、いとも簡単に崩し革新する彼らだが、意外にも2 人は「別にルールを壊したい訳ではない」と話す。もちろんスーツの構図上、守らないと成立しないルールがある。ただ彼らにとって必要ない要素はとことん排除され、骨組みだけ残して好みのスタイルを創造すると、自然と型破りなACF 流方程式が象られるのだ。「堅苦しさが嫌いだ。洋服以外に社会に対しても」とサムは続ける。「ゆとりは体の一部になる。僕らがデニムやレザーを好むのは肌に馴染むから。着ているうちにその人の“皮膚”となり、次第にメンタルもタフになるからね」。
こういったクリエイティブな過程は、まさにACF が賞賛する「パンク・テーラリング」の物作り概念に通ずるものがある。パンクとは反骨精神を象徴するが、同時にDIY 主義を意味し、試行錯誤しながら新たな可能性を見出すACF のマインドそのものなのだ。シャカはこう語る「パンク・テーラリングは好奇心なんだ。最も大切なのは人と文化との触れ合いで、旅先での出会いが新たなドアを開く。知識は即興する経験から培えるからね」。だからこそ、彼らはフォロワーにACF をパーソナライズしてほしいと願う。唯一無二のスタイリングで表現すれば、それは即興、そしてDIY 作業をしている訳であり、探究心に身を任せた「パンク・テーラリング」の真髄を理解した事になるからだ。
最後にACF の英雄である父たちの写真を見比べてみた。寝る間を惜しんで働き続けた仕立屋のサムの父。そして会社員をしながらサルトリアを愛したシャカの父。この2 人はテイストが驚くほど似ており、息子たちの運命的な出会いはまるで昔から約束されていたかのよう。「僕らのスタイルや好みが知らずと父譲りで驚愕したよ」とサム。「2 人が出会ってたら、きっと父はサムの父さんにスーツをオーダーしてただろうね」。そう2 人は微笑む。ACF の原点が、2 枚の写真の中に潜んでいた。

アート・カムズ・ファースト / サム・ランバートとシャカ・メイドーによって2013 年に創立。サヴィルロウやファッションコンサルタントとしての経験を活かし、様々なブランドや職人とコラボレーションをするのをモットーとする。

Sam and Shaka of Art Comes First are behind the wheel of amovement that encompasses not only fashion, but a wide range ofcreative pursuits like books, music and art. These two innovatorshave gained a reputation for their swift dismissal of the tailoringcodes of Savile Row, the strictest authority in the world oftailoring, but surprisingly they both say they aren't necessarily outto break the rules. In terms of construction, there are certain rulesyou have to follow, or else you won’t wind up with a suit. But withSam and Shaka, a suit is built by skipping all the extras andstarting from a basic skeleton you tweak and add onto until youhave the style you’re looking for. The natural result is a suit thatsatisfies Art Comes First’s iconoclastic sartorial equation. “I haterestrictions,” Sam tells us. “Not just in fashion, but in society atlarge. The space around you is a part of who you are. It’s why welove denim. It feels great against your body. Once you have it on,it’s like a second skin. It toughens your mentality.”
This approach to quality comes out of Art Comes First’ssignature creative concept, what they refer to as “punk tailoring.”The word punk has connotations of rebellion, but it also evokes aDIY aesthetic, and the trial by error quest for freshnesscharacterizing Art Comes First’s mindset. In the words of Shaka,“Punk tailoring means staying curious. It’s all about bringingpeople and cultures together. The people you meet out on thisjourney will open up new doors. Knowledge grows out of theseimpromptu interactions.” Sam and Shaka’s hope is that their fanswill take what they create and adapt it to their personal style. Ifeveryone takes their own approach, the result is an impromptu,DIY collaboration, and a recognition of the intrepid spirit ofpunk-tailoring.
Before we go on, let’s have a look at photographs of Sam andShaka’s fathers, the heroes of Art Comes First, to compare Sam’sdad, a tailor always burning the midnight oil, with Shaka’s dad, abusinessman who lived for style. Their tastes in clothing wereunbelievably alike, a sign, perhaps, that Sam and Shaka’spartnership was sealed by fate. “Without knowing it,” Sam tells us,“our fathers set us up with the exact same taste and style. It’sunbelievable.” Shaka nods. “If the two of them could have met,” headds, “I’m sure my dad would have had Sam’s make him a suit.”The two of them laugh. You can see the start of Art Comes First inthe energy of these two photographs.

Art Comes First / Founded in 2013 by Sam Lambert and Shaka Maidoh, with an aim to use their experiences working on Savile Row and in fashion consulting to foster collaborations between a variety of brands and artisans.

  • jp text
  • en text

サム: ACF には欠かせないレザージャケットだけど、今回は以前とは全く異なる新しいスタイルを提案してみた。スーツには必要不可欠なライニングをあえてレザージャケットにも取り入れたのが特徴的。しかもライニングは無地ではなく、去年撮影した写真をコットンにプリントしたものを使用しているんだ。それにポケットジップの数を増やして、ロックさを残しつつより実用的にした。ウエストバンドをあしらったのも初めての試みだよ。以前発表したレザージャケットより春夏らしさを強調したくてタンブルウォッシュし、まるで何年も愛着をもって着古したかの様な風合いを出した。タンブルウォッシュによってレザーが柔らかくなったから、着心地にもしっかりこだわる事が出来たんだ。色はライトグレーをチョイスしたことで、ますます軽い印象を与えるよね。といっても、実際に着てみて軽すぎない様にバランスを取って工夫しているよ。

シャカ: 春夏は寒い季節よりもっとリラックスしたいだろうから、それもあってタンブルウォッシュと言う手法を選んだんだ。ショルダーはスムーズに傾斜しているのがポイントで、これだったら中にT シャツ一枚でも心地よく着られるんだ。ちなみにこのショルダーシェイプはACF のデザイン全てに共通するスタイル。フィットは細めで、ラペルも細過ぎず太過ぎない、ベストなサイズ感がこだわりだよ。

サム: ファブリックは特別なローインディゴを使用。軽いからレザージャケットと同様、春夏でも心地よく着れるのがポイントなんだ。実は70 年代に流行った『ロッカーズ』というジャマイカの映画と、50 年代にバイカー達が作った“ロッカーズ”というサブカルからインスピレーションを受けているんだ。映画にはジェイコブ・ミラーが出演していたり、レゲエの黄金時代を築き上げたスタジオ・ワンのアーティスト達の若かりし姿が見れて面白いんだよ。ワイドブリムハットを被ってたりね。それとは対照的にアメリカの“ロッカーズ”はエンブロイダリーが施されたデニムジャケットを羽織っていたり、クリーパーズを好んでいたり。とにかく影響されたよ。

シャカ: デニムはACF にとってのDNAみたいに大切な素材なんだ。春夏はTシャツオンリーでこのデニムジャケットを羽織り、冬にはアウター・オン・アウターの重ね着が出来るようにデニムの厚さをミッドウェイトで作っているんだ。特にレザージャケットとの相性はとてもいいと思うよ。あとカラーの先にタブを付ける事によって、その重さで衿先がビシっとまとまる様に計算している。せっかくカッコよく決めたいのに、カラーの先端が落ち着いてないと残念だからね。あとジャケットのバックに付けたエンブロイダリーは、あからさまなデザインを好まないお客さんだっているだろうから控えめにしたよ。

SAM: The leather jacket is an Art ComesFirst staple, but this time around we triedout a totally new style. What makes itspecial is the lining, which is essential to asuit but an interesting addition to a leatherjacket. Rather than use a solid color, weopted for a cotton lining printed withpictures taken last year. We alsoincreased the number of zip pockets,which ups the rock element while addingfunctionality. This was also our first timetrying out a waist band. We wanted it tohave more of a spring/summer feel thanour previous leather jackets, so we put itthrough a heavy wash for that worn-outlook your favorite jacket gets after yearsof use. The tumbling softens the leather,allowing us to get exactly the comfortlevel we’re looking for. Making it light greygives the jacket an approachable feel. Weworked to get the weight just right, tomake sure it doesn’t feel too light whenyou have it on.

SHAKA: Spring and summer make youwant to go for a more relaxed style than inthe colder seasons, which is anotherreason behind choosing the tumbled look.We gave the shoulders a smooth slope—the same styling found in all of ourdesigns—for a comfortable fit with evenjust a t-shirt. It wears a little on the slimside, with lapels that aren’t too narrow butaren’t too wide, to keep the proportionsperfect.

SAM: For this one we used raw indigo, which is quite a special fabric. Just likethe leather jacket, it’s light andcomfortable enough to wear throughspring and summer. The design wasinspired by the rocker subculture createdby bikers in the 1950s, and by “Rockers”the movie, a Jamaican cult-classic fromthe 1970s. It’s a great film. You get to seeJacob Miller, and all these youngerversions of the artists from Studio Onewho gave us the golden age of reggaemusic. Wearing wide-brim hats and allthat. Then there’s the rockers fromAmerica, who decorated their denimjackets with patches and embroidery andwent around in brothel creepers. You cansee the influence of both here.

SHAKA: At Art Comes First, we havedenim in our DNA. To make this a jacketyou could wear in warmer weather withjust a t-shirt, or as one of several layers inwinter, we chose a mid-weight denim thatworks especially well, actually, with ourleather jacket. We also added tabs to thetips of the collar, giving the collar pointsjust enough weight to relax against thefabric. It’s a pity if the lines are clean butthe collar won’t stay down. Lastly, we tookit easy with the embroidery on the back,since some customers might shy awayfrom a design that’s too loud.

  • riders jacket text
  • denim jacket text

NEXT

PREV

サム: 100%コットンのスーツはとにかく薄くて軽いんだ。スーツはどうしてもレイヤーが多くなってしまうけど、これだったら夏でも汗の心配をせずに着られるぐらい軽くて心地がいいんだ。ネイビーに細かいポルカドットもサマーライクだろ。シャツの様な素材で出来ているから、完全に構築的なスーツとは言えないんだけど、中にシャツを合わせて着ると、しっかりとテーラリングされていることに気がついてもらえるはずだよ。

シャカ: これもレザージャケットと同様にライニングを使用していて、ジャケットの背の内側部分にプリントが来る様にデザインしているんだ。でもこれはハーフライニングだから、より通気性が良くって夏にぴったりだと思う。胸元のポケットが大きめな理由は、パスポートを入れる為。実はこのスーツの名前が「パスポート・スーツ」って言うんだけど、僕らの様に海外出張が多い人間は、いつもパスポートがどこに行ってしまったか分からなくなってしまうなんて経験がきっとあるはず。だからトラベラー用に、ジャケットのチェストポケットを大胆にアレンジして機能性を高めたよ。僕たちは常に旅をするから、旅というコンセプトは毎シーズン何かしらの形で反映させている。トラベラーそしてエクスプロラー(冒険家)としての探究心を表現しているよ。あとそこに施されているエンブロイダリーはACFの象徴とも言えるハサミとハットのデザインだよ。

サム: 「50/50デニム」と名付けられたこのパンツは、ご覧の通り半分を裏地にしているんだ。いつも2人で気を付けているのは、あまり斬新すぎるデザインは提案しないということ。流行としては早すぎるアイディアを出しても、僕たちのフォロワーは混乱する。だからこのパンツも半分裏地くらいが理解しやすいし、バランスが良いんじゃないかな。デニムは僕がとても気に入っているファブリックで、裏と表のコントラストが何とも言えない。楽しく遊べる素材だよ。それにデニムの服は構図が入り組んでるから面白いよね。ロッカーズが履いているデニムパンツの大胆なターンアップも裏地をしっかり見せつけていてカッコ良いし、一時期デニムにハマっちゃって、ポートベローで服の内側ばかり見て回ったことがあったんだ。このデニムはどちらかと言えばトラウザーっぽさを色濃く残した一本。前から見たら通常のインディゴだけど、後ろは裏地とのコンビネーションにしたよ。

シャカ: このデニムの形はチノパンがベースになっているから、少しシルエットがワイドなんだ。僕の父が写真で履いている一本にも似ているね。あとタグを外側につけたのもポイント。ACFはスーツの様に何でも上下セットにして考えるというのがコンセプトだから、このパンツはデニムジャケットと合わせて着たとしてもバランスが上手く保てる様になっているんだ。

SAM: A 100% cotton suit is pretty thin and light. With a suit you always end up wearing several layers, but this one is light and comfortable enough there’s no need to worry about sweating in the summer. The pattern is summery, too, a navy blue with tiny polka dots. The material is similar to shirt-weight cloth, making it different from a true suit in terms of construction, but matched with the right shirt it looks quite bespoke.

SHAKA: Just like on the leather jacket, we gave it a lining, but this time with a printed fabric for the inside of the back, and chose a half-lining to keep things cool in summer. The chest pocket is big enough to fit a passport, which actually gives this item its name, the Passport Suit. People like us who travel around the world doing business are always trying to find their passport. We took the liberty of resizing the chest pocket, for easier use and access during travel. Because we’re always on the go, we try to work the concept of the journey into the collection every season, as an expression of the spirit of discovery that fuels travel and adventure. To finish off the suit, we added an embroidered hat and scissors, the symbol of Art Comes First.

you can see, exactly half of the garment is sewn with the denim inside-out. We always have to make sure that our designs don’t get too crazy. If we release an idea before its time, our fans won’t know what to make of it. Half inside-out felt about right, plus it gives the pants good balance. We can’t get enough of denim. It’s a material you can really have some fun with. Denim clothes are simply built a different way, which keeps things interesting. Plus there’s nothing like that interplay of colors you get between inside and out. We love the way the rockers wear their jeans with a super high turn-up. At one point I was so obsessed with denim I went around Portobello Market turning all the denim inside out. In terms of shape, these pants fall fairly deep into the trouser side of the denim spectrum, but the contrast is quite striking. From the front it’s normal indigo, but from the back they’re a cool bluish white.

SHAKA: Since the basic shape here is a chino, the silhouette is fairly wide, almost like the pants you see in the photo of my father. The visible tag is another notable feature. At Art Comes First, we try to think of everything in sets of top and bottom, just like with a suit. These pants, for example, balance terrifically when paired with our denim jacket.

  • text suit
  • text jacket

サム: 「ブラック・ムラット」と名付けた今回のハットは、シェイプを大きめにデザインして、オーバーサイズにした。コミカルな雰囲気でちょっとした笑いを演出したかったんだ。僕たちはアニメーションが好きだからね。スタイル全体がシリアスにならない様に、このハットを被って会う人を笑顔にしてもいいよね。スーツにスニーカーを合わせるのが型破りだった時代があったけど、こういったコミカルなヘッドギアで遊ぶのも楽しいんじゃないかな。

シャカ : 「ムラット – Mulatto」という単語は黒人と白人から生まれたハーフという意味。ハットにこの名前を付けた理由は、以前リリースした2つのハット「ブラック・ジプシー(黒)」と「アルビノ(白)」のハーフという感覚だから。これまで出したハットを改めてよく研究して、被った時の心地良さを考えた。これまでの反省点は、ハットがパタパタして安定しなかったこと。だから今回は硬いウエスタンフェルトを使用して形をしっかり固定したんだ。あとサイズを見直してワンサイズフィットにした。その分ハットの内側にゴムを入れてしっかりと頭に吸い付く様にデザインしているんだ。これで風に飛ばされる心配も無くなるし、例えば髪を切ってボリュームがなくなったとしてもサイズダウンせずに被れるよ。サイドのループに通したタバコと、飾りのフェザーがきれいに隣同士に来る様にデザインしたよ。

サム: 今季展開しているもう一足のブロークとは対照的に、とてもエレガントなのがこのシューズ。フォーマルになり過ぎないように、またカジュアルにもなり過ぎないように、ちょうど中間点にデザインを持ってきたんだ。程よいソールとシングルウェルトもポイントだ。

シャカ : かなり細身で先を尖らせたデザインにしたのは、よりドレッシーな靴が作りたかったからなんだ。僕らの靴はファーストコレクションからノーザンプトンにある、1881年創業の老舗の工場で作っているんだけど、こういったドレスシューズを作るのは初めての試みで、この靴に使用したラストも初めて使った。出来るだけ自分たちで工場に足を運ぶのは、実際に靴を作っている職人達の強みや限界を知ることで、今後僕たちが靴をデザインする際に様々な知識を植え付けてくれるからなんだ。ちなみにACFの靴って実はシューレースが付いてないんだ。簡単に言うと2人とも嫌いだから(笑)。旅に出る際に急いでいたり、空港のセキュリティーで靴を脱がされる場合にモタモタ靴紐を結びたくないだろ。しかもゴムのバンドが靴を覆っていた方がより足にピタっと密着して歩きやすいんだ。これでいつでもすぐ靴が履けるから便利だし、ツルッとしているフォルムも美しい。今回はバンド部分が二種類あって、ホワイトには「Art Comes First」と入れて、ネイビーはチェック柄にしている。

SAM: This hat, which we’re calling the “Black Mulatto,” is designed to have an intentionally oversized shape. The idea was to make something fun that gives off a comical atmosphere. We like cartoons, so we made it a bit cartoonish. To make sure your style doesn’t get too serious, you can wear a hat like this and get a few laughs out of it from your friends. There was a time when wearing a suit with sneakers was seen as unconventional, but if you’re going to break the mold, why not have some fun while you’re at it? Comical headgear like this is a great way.

SHAKA: Mulatto means the child of a black parent and a white parent. We chose it as a name because the hat feels like a mixture of two of our other hats, the Black Gypsy and the Albino. As part of the design process, we went through all the hats we’ve done before and thought a lot about how they feel to wear. One thing we noticed was they had a tendency to flop around, or felt like they were going to fall off. This time, we used a stiff western felt to give the hat a rigid shape, and redid the sizing to make the hat one-size-fits-all. We added an elastic band inside, for a nice snug fit around the head. No more need to worry about it flying off in the wind, or having to buy another, smaller hat if you cut your hair short. We also modified the design, so that the decorative feather is right next to the loop on the side for holding a cigarette.

SAM: Compared to the brogues we’re also releasing this season, these shoes are on the elegant side, but our aim was to hit that midpoint somewhere between formal and casual. This design’s key features are its perfectly thick sole and the single welt.

SHAKA: We gave it a slim and pointy style because we wanted to try out something dressy. Ever since our first collection, we’ve had our shoes made at a historic factory in Northampton that’s been in business since 1881, but this was their first time making a dress shoe shaped like this, and as a result their first time working off this last. We try going to the factory as often as we can because it teaches us about the strengths and limitations of the craftsmen who actually make these shoes, and gives us an informed perspective that’s vital when it comes time to design the next pair. By the way, none of our shoes at Art Comes First have shoelaces. The simple reason is: we hate them! When you’re traveling and in a rush, who wants to have to take a knee after the security check and tie his shoes? The wide elastic band we’ve used here has the added benefit of giving the shoes a secure feel that makes them easier to walk in. There’s also the convenience factor of being able to slip them on whenever you need to, and the sleek simplicity of the lines. This time around we went with two different band designs: the band on the white ones says “Art Comes First,” and the band on the navy ones has a checkered pattern.

  • text hat
  • text shoes

MENU